シニアカーの保険(補償)について

シニアカー(セニアカー)の保険(補償)について

シニアカー(セニアカー)を利用するにあたって、賠償保険、補償の保険に入る義務はありません。
しかし、万が一に備えて、保険に入っておくことでシニアカー(セニアカー)を運転していて事故にあった場合に保険が適用されます。

保険を使う場合を想定しますと、大きく2つ考えられます。

【対人対物賠償】

シニアカー(セニアカー)を運転していて、なんらかの理由で他人や物にあたってしまって、怪我を負わせたり、物を壊した場合です。

【自分補償】

シニアカー(セニアカー)を運転していて、なんらかの理由でご自身が負傷したり、自シニアカー(セニアカー)が壊れた場合です。
自分補償の中には、人に対して(ご自身の負傷)と車に対して(シニアカーの故障)の2つに別れます。

それぞれ、補償金額、適用範囲などを選択して保険に入ります。
また、自シニアカー(セニアカー)の修理期間は、日常生活に支障をきたしますので、代車などの手配なども確認しておきます。

 

シニアカー(セニアカー)の場合、歩行者と同じ扱いとなりますので、基本的には、個人賠償責任保険(補償)となります。すでに契約済みの
自動車保険(日常生活賠償補償を付帯)
任意保険・火災保険などに特約付加
などを行うことで新たに保険に入る必要がない場合も考えられます。

現在入っておられる保険会社、そしてシニアカー(セニアカー)を購入されたところで、最適な保険を紹介してくれることがありますので、一度ご相談ください。